花見川サイクリングコースを走りました! 後編:稲毛ヨットハーバー → 横戸元池弁天宮 → 大和田機場

活動報告

活動予定

活動履歴

市政報告

活動報告

活動予定

活動履歴

市政報告

さあ、いよいよスタート地点と思いきや起点が見つからない。 サイクリングコースを推奨するからにはスタート地点の表記は欲しい。 とりあえず、ヨットハーバー駐車場あたりを起点としいよいよサイクリングコースへ。

海沿いに自転車を走らせて行くと花見川にぶつかる。 そこから北に向かってコースを直走することになる。

花見川沿いのコースは、ベイタウンの高層マンションが立ち並んでいるかと思えば、段々とうっそうと木が生い茂る地域へと景色が変わっていきます。

途中、休憩所などトイレも設置され配慮も行き届いている。

ところで、「コース案内板」が各休憩所にありませんでした。案内板はコース上にしかなく、 自転車を止めるにも歩行者や自転車とすれ違うのでちょっと危険。 出来れば休憩所に案内板を移動して欲しいところ。

長作制水門、天戸制水門を通過しコースの終点は赤い橋が目印の花見川区横戸町の弁天橋あたり。

そこから先、大和田機場まではコースがなく、花見川沿いの道路を走ることとなる。 出来れば、弁天橋の先に 横戸の弁天様があるので その周辺を整備して終点表記をしたいところだ。

花見川は利根川から印旛沼に流れる水を東京湾まで繋ぐ人工河川。 印旛沼より花見川の水位が高いというのもビックリ!!印旛沼から新川、そして花見川へと繋ぐことで印旛沼周辺地域の水害を防いでいる。そのために 大和田機場があり、天戸や長作の水門があり常に水位の調整をしている。

花見川サイクリングコースを直走ることで周辺地域の魅力が多いことがわかったと同時に課題も知ることが出来た。

千葉の魅力を探る旅はまた機会を見てやって行きたいと思います。

目次